きのこ雑学

きのこは洗う?洗わない?、マッシュルームの冷凍保存方法、石づきの切り方など、普段の生活に役立つ『きのこ雑学』をまとめました。

関東きのこの会、丹波山倶楽部さんのまいたけオーナーになりました【原木舞茸栽培】

2021年5月、関東きのこの会は山梨県の農事組合法人『丹波山倶楽部(たばやまくらぶ)』さんが毎年募集されているまいたけオーナー制度に申し込みました。 これから3年間、原木舞茸の栽培方法や管理、収穫の様子、9月下旬に開催予定のイベント『舞茸祭』など…

和田匠平さんに付いて海岸にきのこ散策に行ってきました【スナジホウライタケ探し】

6月のとある週末、大学生の和田匠平(わだ しょうへい)さんと海岸にきのこ散策にいってきました。 ターゲットは『スナジホウライタケ』 和田さんが研究している砂浜のきのこです。 実は、探しに行ったスポットでは過去15年間スナジホウライタケの発見報告が…

【光るキノコ】ヤコウタケ(夜光茸)の栽培キットに挑戦!

毎年ゴールデンウィークから初夏頃になると、光るキノコのニュースをよく見かけるようになります。 『光るキノコ』というのは作り物でもライトアップしているわけでもなく、まぎれもなく自身が発光するキノコのこと。 世の中には本当に光るキノコが存在する…

神奈川県の自宅にきのこが生えた話【ツマミタケ、スッポンタケ、シロフクロタケの仲間】

神奈川県の中西部にある私の自宅には、時々きのこが生えます。 今回は、その中で特に印象深かった3つのきのこを紹介させていただきます。 ツマミタケ スッポンタケ シロフクロタケの仲間 ・・・なぜか臭いきのこに縁があるようです。 ツマミタケ(5~6月の梅…

フクロタケの生販売は難しい。日本ふくろ茸ファームさんにお伺いしてきました

中華料理の八宝菜やタイ料理のトムヤンクンの中に、こんな形のキノコが入っているのを見たことがありませんか? よく見ると、袋の中に小さなキノコが収まっているみたいな不思議な形をしています。 (そこが可愛いところ!) このキノコは『フクロタケ』と言…

バーベキューで使える『お手軽きのこアヒージョ!』レシピ

先日自宅でバーベキューをしまして、その際にきのこをたっぷり使ったアヒージョを作ったんです。 それが我ながら良い出来で家族にも大好評! あっという間に食べてしまいました。 皆さんがバーベキューをする際にも使えると思いますので、レシピを紹介いたし…

乾燥椎茸の一番美味しい戻し方と、手早く戻す裏ワザ

食卓に長期保存でき、風味豊かな出汁がとれる乾燥椎茸は、昔から煮物の具材や汁物に重宝されてきました。 実は、椎茸の持つ旨味成分『グアニル酸』は、昆布のグルタミン酸やかつお節のイノシン酸と並んで三大うま味成分に数えられるほど上質なものなんです。…

平和の使者爆誕!きのこの山とたけのこの里の間に子供が生まれました

新緑が芽吹き、たけのこが地面を盛り上げ、きのこが生え乱れる春。 きのこの山とたけのこの里の間に子供が生まれました。 きのこの山の『き・の・山』と、たけのこの里の『こ・の・里』をもらい、『きのこの里山』と名付けられた彼は、両親が長年繰り広げて…

『シロは墓場まで持っていけ』松茸狩りについて坂井きのこさんに聞いてみた

松茸(まつたけ)は『きのこの王様』の異名を持つ、秋が旬の高級きのこです。 ぶなしめじやえのき等に比べて普段見かける機会はとても少ないですが、松茸の名は日本人なら誰でも知っていると言っても過言では無いでしょう。 しかし、どんな場所に生えるのか…

乾燥きくらげの戻し方。ポイントは砂糖5グラム!

みなさん、突然ですが乾燥きくらげはどうやって戻していますか? 冷水で一晩戻すのが良いとか、炭酸水を使うのが良いとか、お湯でも大丈夫とか、砂糖を一つまみ入れると美味しくなる等々、実は乾燥きくらげの戻し方は諸説あります。 そこで今回は、一体どの…

生きくらげの賞味期限は何日くらい?買い物に行くまえに知っておきたい【きのこの豆知識】

きくらげと言えば一昔前は乾燥品が主流でしたが、最近では生鮮のまま売り場に並ぶ『生きくらげ』も増えてきています。 生きくらげは、乾燥品とはまた違ったジャキジャキとした歯ごたえがあり、皮の中に隠れているゼリー質が瑞々しくなんとも美味! ぜひ味わ…

キノコの切り方まとめ【石づき(根元)のカット方法を種類別に解説します】

キノコの根元を切り落とす際、 『本当にここで切っていいんだろうか、もしかしてもったいない事をしていないだろうか』 と、悩んでしまう事はありませんか? そんなあなたのために、一般的によく販売されている5種類のキノコについて、根元(石づき)の切り…

キノコに付着する白い綿の正体とは。これって食べられますか?【イラスト解説】

稀にスーパーなどで購入したエリンギやブナシメジに、白い綿のようなフワフワしたものが付着していることがあります。 左:エリンギのカサに 右:ブナシメジの軸に 白い綿=カビの様にも見えるので、これが付いていると食べられるか心配になってしまいますが…

舞茸の成分で茶碗蒸しが固まらず、お肉が柔らかくなるという噂の検証をしてみました【タンパク質分解酵素】

あなたは舞茸にまつわるこんなウワサを聞いたことがありませんか。 舞茸入りの茶碗蒸しは、いつまで蒸しても固まらないらしいわ 舞茸でお肉を柔らかくすることが出来るらしい! どちらもにわかには信じがたい現象ですが、実はこれ、舞茸が持つある成分のせい…

”きのこの基本”をイラストで解説!きのこは菌類です

日々私たちが何気なく口にしているきのこについて、皆さんはどのくらい知っていますか? 今回は『きのこは生物学的に何者なのか』ということを、分かりやすいイラストを交えながら解説いたします。 ”きのこの基本”を通して、よりその魅力に興味を持っていた…

しいたけの軸は食べられます!実はカサより旨味や栄養が豊富なのです

皆さんは、しいたけの軸ってどうしていますか? 先日、関東きのこの会宛てに、こんな問い合わせが届きました。 しいたけの足ってどこから切ればよいのか良くわからなくて。毎回どうしようと迷いながら結局軸をほとんど切り落とし、カサ部分だけを使っていま…

キノコが生える小さな切り株『ヌメリスギタケのミニ原木栽培』

先日、キノコの話題ばかり流れてくる私のTwitterアカウントのタイムラインで、こんな投稿をお見掛けしました。 本日よりヌメリスギタケのきのこリウム、作成キットとホダ木単品の販売を開始しました!気温もグッと下がってきて、朝晩と昼間の寒暖差も良い感…

椎茸の原木栽培と菌床栽培の違い、正しく知っていますか?

椎茸の栽培方法は大きく分けて2種類あります。 原木栽培(げんぼくさいばい)と菌床栽培(きんしょうさいばい)です。 この両者の違い、皆さんはご存知ですか? かなりざっくり説明すると、下記のようになります。 原木栽培とは・・・適度な長さに切った原木…

初めてのきのこ栽培なら『しいたけ栽培キット(菌床)』がおすすめ!頑張らなくてもすくすく育つ

先日、久々に自宅でしいたけを栽培しました。 とても簡単に栽培が出来るようになっている市販の栽培キットで、成長スピードが速いので毎日観察するのが楽しく、とっても癒されます! テレワークのお供に最適というのも納得。 せっかくなので、しいたけが成長…

知らずに損しているかも?!ぶなしめじの正しい切り方

先日、関東きのこの会のお問い合わせフォームに、こんな質問が寄せられました。 根元の部分をどこから切ればよいのかよく分からなくて、いつもぶなしめじが短くなっちゃうんです。本当はどこから切れば良いんですか? 確かに、ぶなしめじって軸の半分くらい…

なぜキノコにはカサがあるの?キノコの多様な胞子の撒き方【動画あり】

私たちがスーパーなどでよく目にするキノコ達には、カサがあるものが多いですよね。 シイタケ、ブナシメジ、マッシュルームなどなど。 エノキにも小さいですが、ちゃんと一つ一つにカサが付いています。 これらのキノコのカサは、なぜ付いているのでしょうか…

日本で販売されている栽培きのこリスト 全42種【レア度で5段階に分類しました】

日本国内で栽培・販売されているきのこをリストにまとめました。 関東きのこの会の主観により、レア度で5段階に分類しています。 レア度の目安 ☆:ノーマル。八百屋やスーパーで一般的に販売されている☆☆:変り種きのこの中では入手しやすい☆☆☆:生産者が限…

一晩で溶けるキノコ、ササクレヒトヨタケのタイムラプス動画を撮ってみた!

先日、ネット通販で変り種キノコをチェックしていたら、面白い商品を見つけてしまいました。 『きのこの畑 コプリーヌ!』 そう、家庭でコプリーヌというキノコを育てることができる栽培キットです! 『コプリーヌ』という名前は聞きなれない人が多いかもし…

まいたけの石づき(根元)はどこまで切るの?きのこの疑問に答えるシリーズ

今回は、関東きのこの会によく寄せられる『まいたけについての質問』に回答したいと思います。 まいたけの石づきってどこからカットすればよいのかさっぱり分かりません・・・ まいたけってパックに入った分全て使えるの?悩む このように、まいたけについて…

原木舞茸ってこうやって栽培してるの?!丹波山倶楽部さんにお伺いしてきました

近所のスーパーや八百屋さんで気軽に買う事が出来る舞茸。 風味が強く天ぷらや炊き込みご飯にするととっても美味しいですよね! 昔、舞茸は天然ではなかなか見つけられない希少なきのこでした。 だから苦労の末に舞茸を見つけた人々は喜びのあまり舞い踊って…

幸せの黄色いタモギタケ。深いダシが出て美容にも良いキノコです!

黄色が鮮やかなこのキノコをご存知でしょうか? これは”タモギタケ”というとっても美味しいキノコで、天然物は主に東北~北海道に自生し、全国各地で通年人工栽培もされています。 いわゆる”変り種キノコ”の一つに数えられますが、その中では生産量が多い方…

きのこクイズ サブカル編『コンサートを”実演会”と呼ぶキノコホテル、ファンの事は何と呼んでいる?』など全10問

きのこクイズを作ってみました。 サブカル的な内容で全10問あります。 ぜひ挑戦してみてください! 【問】コンサートを”実演会”と呼ぶキノコホテル、ファンの事は何と呼んでいる? A.ご主人様 B.ゲスト C.胞子 D.お客様

えのきの根元はどこで切る?元きのこ問屋営業マンのおすすめの切り方伝授!

関東きのこの会に寄せられる問い合わせの中で最近多いなぁと感じているのが『きのこってどこまで食べられるの?』問題。 今までにこんな問い合わせをいただきました。 きのこの石突き部分ってどこでカットしたら良いかいつも悩む・・・ えのきの茎ってどこま…

一晩でさようなら・・・コプリーヌは自分を溶かしてしまう悲しいキノコって本当!?

市場ではつくし茸やコケシ茸という俗称が付けられ、海外ではShaggy ink cap mushroom(シャギーインクキャップ)と呼ばれ、一説によると松本零士さんの漫画に登場する”サルマタケ”のモデルになったと言われているこのキノコをご存知ですか? これはササクレ…

マッシュルームの冷凍保存方法【レモン汁かけ冷凍術】

マッシュルームはあまり日持ちの良いキノコではありません。 『おしゃれな料理に使おうと思って買ったのに、数日後に使おうと思ったら冷蔵庫の中で変色してしまっていた』なんて経験がある人も多いのでは? そんなあなたに関東きのこの会からのご提案。 すぐ…