乾燥ポルチーニ茸の美味しい戻し方!戻し汁までの濃厚です

欧米で愛されている高級きのこ『ポルチーニ』は、日本では主に乾燥状態で販売されています。

これを水戻しして料理に利用すると、とても芳醇な香りと旨味が楽しめるんです!

ということで今回は、乾燥ポルチーニ茸の美味しい戻し方をまとめました。

 

 

ポルチーニ茸とは

ポルチーニ茸は欧米で特に愛されている高級きのこです。

とても濃厚な香りがして味も良く、日本でも秋になるとファミリーレストランなどのメニューに採用されています。

『ポルチーニ茸香る〇〇ソース』みたいなメニューを見た覚えはありませんか?

日本では乾燥スライスでの流通が多いので、ポルチーニ茸そのものの形を見ることはあまりありませんが、ぷっくりどっしりしていて、とても可愛らしい見た目をしています。

ちなみに『ポルチーニ』はイタリア語で語源は『子豚たち』。

姿かたちがどことなく子豚に似ているからということらしいです。

ヤマドリタケモドキ

子豚っぽい?近縁種のヤマドリタケモドキ

 

フランスでは『セップ』、日本の和名は『ヤマドリタケ』と言います。

本州では夏~秋にかけて近縁種のヤマドリタケモドキをよく見かけます。

今のところポルチーニ茸は栽培できない為、流通しているものはすべて天然物です。

ヤマドリタケモドキ

ヤマドリタケモドキ

 

乾燥ポルチーニ茸の美味しい戻し方

乾燥ポルチーニ茸は、水戻ししてから調理に利用します。

美味しい戻し方を3ステップにまとめました。

  1. ボールなどの容器に乾燥ポルチーニを入れたっぷりの水を注ぐ
  2. 30分程したら網などでポルチーニを取り出す
  3. 戻し汁は上澄みをダシとして使う

乾燥ポルチーニ茸の戻し方

 

注意:乾燥ポルチーニ茸の戻し汁は上澄みを使う

ポルチーニ茸の戻し汁にはとても美味しい旨味が溶け出ていて、様々な料理に利用できます。

ただし、ポルチーニ茸は天然物ですので、戻し汁には砂や小石が混ざっている事があるんです。

そのため、戻し汁は上澄み部分だけを使って、底の方は捨ててください。

ここまでやらないで良いと思いますが、今回はコーヒーフィルターで濾しました。

乾燥ポルチーニ茸の戻し方

 

戻したポルチーニ茸を食べてみた!

さて、写真撮りのために水戻ししたポルチーニ茸、もったいないのでもちろんちゃんと食べます!

洋食のイメージが強いと思いますが、今回はあえて外して、ポルチーニ茸はチャーハンに、戻し汁はお吸い物にしてみました。
 

ポルチーニ茸のチャーハン

ポルチーニ茸のチャーハン

玉ねぎ、豚肉と合わせてチャーハンに!

塩コショウだけのシンプル味付けにしました。

 

ポルチーニ茸出汁のお吸い物

ポルチーニ茸出汁のお吸い物

ポルチーニ茸のだし汁に玉ねぎスライスとえのきを入れ、ちょこっと醤油で味付けしました。

 

乾燥ポルチーニ茸のレシピ

ヨーロッパの王様きのこ、ポルチーニ茸を使ったチャーハンとお吸い物の完成です!

チャーハンをほおばると、ポルチーニ茸の香ばしい味と香りが口いっぱいに広がります。

かなりきのこの味が強く出ていました。これは美味い!

お吸い物からもポルチーニ茸の香りがしっかり感じられます。

これは、愛されきのこになるのも頷けます。

みなさんもぜひ、さまざまな料理でポルチーニを試してみてください。

 

今回使ったのはイタリア産(イナウディ社)の乾燥ポルチーニ茸

イナウディ社製の乾燥ポルチーニ茸

今回撮影に使ったのは、地中海フーズが輸入しているイタリア産(イナウディ社)の乾燥ポルチーニ茸です。

パッケージのポルチーニのイラストが素敵!

イナウディ社の天然きのこは、質が良いという事で食品業界では有名です。

楽天市場やAmazonなどでも入手できますので、ポルチーニが必要な際はぜひチェックしてみて下さい。

 

≪イナウディ社の紹介動画≫

 

まとめ

乾燥ポルチーニ茸の美味しい戻し方は下記3ステップです。

  1. ボールなどの容器に乾燥ポルチーニを入れたっぷりの水を注ぐ
  2. 30分程したら網などでポルチーニを取り出す
  3. 戻し汁は上澄みをダシとして使う

※戻し汁には砂や小石が混ざっている事があるため、上澄みだけを使い、底の方は捨てて下さい。