一晩でさようなら・・・コプリーヌは自分を溶かしてしまう悲しいキノコって本当!?

市場ではつくし茸コケシ茸という俗称が付けられ、海外ではShaggy ink cap mushroom(シャギーインクキャップ)と呼ばれ、一説によると松本零士さんの漫画に登場する”サルマタケ”のモデルになったと言われているこのキノコをご存知ですか?

コプリーヌ(ササクレヒトヨタケ)

 

これはササクレヒトヨタケというキノコです。

つくし茸・・・確かにちょっと似ているかも(笑)

 

ササクレヒトヨタケは日本でも畑や草地などに生えるキノコで『コプリーヌ』という商品名で生産・流通・販売もされています。

(私は以前きのこ問屋の営業マンをしていたのでコプリーヌもばっちり扱っていました!)

このコプリーヌ、メルヘンチックでかわいらしい見た目をしていますが、実はちょっと悲しい特性を持っているんです。

 

 

コプリーヌ(ササクレヒトヨタケ)はどんなきのこ?

ササクレヒトヨタケは春から秋にかけて畑や草地に発生するキノコです。

幼菌時は白くてささくれのあるカサが円柱形に閉じかなり独特な見た目をしています。

この形がキノコ好きには結構人気あり。

 

和名ササクレヒトヨタケのササクレは傘の部分にささくれた鱗片があることから。

そして”一夜茸”(ひとよたけ)は成長すると自分で分解酵素を出し一晩で溶けてしまうという特性に由来しています。

そう、コプリーヌは大人になるとひとりでに溶けてしまう悲しい運命を背負ったキノコなんです。

 

こちらはタッつん様がTwitterにアップしていた天然ササクレヒトヨタケの写真。

成長段階ごとの写真がとても分かりやすいので載せさせていただきました。

 

こちらは栽培品のコプリーヌがぐんぐん成長して一気に溶けいく様子を定点カメラで撮影したものです。なかなかの衝撃映像!

 

コプリーヌが溶けるのは子孫を残すため

ところで、なぜコプリーヌは自分で自分を溶かしてしまうのでしょうか。

それは子孫を残すためなんです。

実はこのドロドロに溶けた黒い液体の中にはキノコの胞子が含まれています。

自分のカサを溶かして液状にすることで確実に胞子を周囲に落とし子孫を残していく。

何とも不思議なキノコですよね。 

 

ちなみに、コプリーヌの生産者さんは幼菌の状態で収穫し、キノコが成長して溶けてしまわないよう真空パックに詰めて出荷しています。

コプリーヌ(ササクレヒトヨタケ)

 

そういえば、以前コプリーヌの生産者さんが自分で自分を溶かしてしまうという性質が特徴的すぎて、そこばかりがピックアップされちゃうと嘆いていました。

確かに引きが強い特徴ですよねぇ。

しかしこのコプリーヌ、食菌としてもとても優秀なんです。

 

コプリーヌ(ササクレヒトヨタケ)は美味しいキノコ

正直私の中で”美味しい栽培キノコランキング”をつけるとしたら、コプリーヌは確実にベスト3以内に入ってくるくらい美味しいです。

軸部分の歯ごたえが心地よく、カサ部分はふんわり。

そしてマッシュルームを濃くしたようなクセのない旨味があります。

お子様でも食べやすい味で、炒めてよし、鍋に良し、スープに入れてよしの万能キノコといった感じ!

またお肉と一緒に食べると相性が良いんですよねぇ。ベーコンで巻いたり。

生産量が限られるのでなかなか売っていないのですが、ぜひ皆さんにも味わっていただきたいです。

コプリーヌ|シャングリラズ・シークレット(六本木)

六本木のきのこ鍋 シャングリラズ・シークレットさんで出てきました!

コプリーヌとアスパラガスのソテー

コプリーヌとアスパラガスのソテー、食感が絶妙

コプリーヌのパスタ

コプリーヌのパスタ

 

コプリーヌ(ササクレヒトヨタケ)で美人になれる?!

ササクレヒトヨタケは一部のキノコや細菌だけが作り出すことが出来るエルゴチオネインという成分を持っています。

このエルゴチオネイン、ビタミンEの7,000倍の抗酸化力を持ち(!)、抗老化効果、美白効果、シワ・肌荒れ改善効果があるといわれているんです。

ササクレヒトヨタケはキノコの中でも特にエルゴチオネインを多く含んでいるため、サプリメントやお化粧品、石鹸などの素材としても注目されています。

 

コプリーヌは悲しいキノコ!のまとめ

  • コプリーヌは成菌になると一晩で溶けてしまう悲しいキノコ・・・
  • 生産品は幼菌の時に収穫して成長しないように真空パックに詰めて出荷します
  • コプリーヌはお子様でも食べやすい美味しいキノコです!

 

生産量が少ないのでなかなか売っていない希少なキノコですが、とても美味しいので見かけたら是非食べてみてくださいね!